俺のシゲアキがこんなに可愛いわけがない

🗝️加藤さんちの鍵になりたい(真顔)🗝️

他人と違う20年で思ったこと

KinKi KidsがCDデビューを迎えた翌日にデビュー20周年を迎えましたweさんです。何のデビューをしたかって?人間のだよ。つまりは今は大人20周年なう。1年に一度の魔法 特別な日*1ってやつ。日付が変わってすぐに動画を見ましたが、今年も笑わせて貰いました。悪ノリ上等だし、毎年「バースデーソングがある自担グループ強い」って思ってるし、やっぱりNEWSは可愛いなって(過保護ヲタク)。自分おめでとう。ありがとうございます。両親もありがとうございます。娘たちもありがとう*2。私はプレゼントいらないんで『Burn.ーバーンー』文庫版を買ってね! *3

Burn.-バーン- (角川文庫)

Burn.-バーン- (角川文庫)

 

って書きながらあらすじってどんなんだっけと検索してみたら(勿論読んだけども説明しようとするとあやふや)『Burn.-バーン-』で主人公レイジが思い出す過去も20年前なんですよね。Oh、何たる偶然。でもここでは本の話は書かないよ。でも、でも、でも、もう一回だけ書くけど、偶然このブログを見つけた人は近日中に書店に並ぶ文庫版『Burn.-バーン-』を買ってほしい。今なら図書館で単行本を借りる順番を待つより早く読めるぞ*4

 

さて20年。

20年前に当時付き合っていた男性と20歳で結婚して翌年娘が生まれたのですが、いろいろあって28歳の時に娘たちと三人で生きていくことになりました。いろいろは複雑だから略。お察しください。

自分の至らなさで両親にも娘たちにも迷惑かけてきたので「苦労したんですね」と言われると毎回否定してきた。髪を振り乱して昼夜働いて自分の衣食は我慢してみたいなことはしてないし(なんてことをしてたら今頃ジャニヲタやってないよね)、苦労してるのは欲に負けてきた私をカバーする両親や娘たちのほうなんで。だから20年前に結婚したこともその後離婚したことも後悔はしていないです。正確には後悔することはあるけどその時点ではそれで良かったのだから悔み続ける必要はないかなって。

あの時結婚しなかったら、子どもが生まれなかったら、おそらく今はひとりで淋しすぎる夜を迎えて誰かと話したがっていただろう(行き先の違う深夜バスに乗る黒髪の人に一目惚れして飛び乗ったりはしない)*5。離婚していない人生のほうが苦労していたかもしれない。NEWSに加藤シゲアキに出会うこともないだろう*6

その瞬間に最良な選択さえすればいい。他人と比べない。躓いたとしても昨日までの自分が力を貸してくれるはず*7だし、立ち止まったとしてもここで終わりだと思わず前を向いて自分に挑めばいい*8。そうだろ?

ってこの特別お題と結びつけたようですがそうじゃない気がする。

*1:NEWS『Happy Birthday』

Happy Birthday

Happy Birthday

 

*2:しかし親不孝娘かつ子ども泣かせな親で申し訳ございません。

*3:でもこの間会ったゆずこんぶのお姉さんから貰っちゃった♡ありがとう!大好き!また会おうね!

*4:映画にもなった『ピンクとグレー』と違ってそんなに待たないけどね。

*5:

チャンカパーナ(通常盤)

チャンカパーナ(通常盤)

 

*6:シゲアキさんは15年くらい前から知っていたけど違う人生を歩んだら好きになるきっかけがなかっただろうなってことです。

*7:NEWS『U R not alone』

NEVERLAND(通常盤)

NEVERLAND(通常盤)

 

*8:NEWS『フルスイング』