俺のシゲアキがこんなに可愛いわけがない

🗝️加藤さんちの鍵になりたい(真顔)🗝️

NEWS担、女子力上げなくてはいけない問題。

#NEWSの連載#女子力高い雑誌ばかり#我々もそれに応えなくてはならないと思う今日この頃#といってもまだ2誌だけだけど#もっとやってくれてもいいんだよ#四銃士#ANTHEM#俺のシゲアキがこんなに可愛いわけがない#ファッション雑誌なら他のグループもやっている#NEWSは料理雑誌と美容雑誌だ#これは着飾ってるだけじゃダメよって意味か#シゲアキのクラウドInstagram風記事をまだ引きずっている系ヲタ#NEWS

 
 
ひとつめ。連載開始から2年の料理雑誌『レタスクラブ』。

 

 

 

レタスクラブ増刊 2015年12月号

レタスクラブ増刊 2015年12月号

 

 

 

 

KADOKAWA発行。基本はソロでのインタビューだが、全員でインタビューとか料理をする企画もある。毎号こぼれ話をレタスクラブネットに載せてくれるのは地味にありがたい。付録の無い号はテレビ雑誌並のお値段だけど月二回発行なので合わせるとドル誌と変わらない。スヌーピーの付録が付く号は売上がいいらしいがプラス200円くらいする。
私は料理をしなくていい人生を送りたかったくらい料理が苦手なのでNEWS担にならなかったら買っていなかっただろう。NEWS以外のページは次女に押し付けているから無駄にはなっていないはず(次女は母に似ないで料理好き)。
 
 
ふたつめ。新連載の美容雑誌『美的』。

 

 

 

美的(BITEKI) 2016年 01 月号 [雑誌]

美的(BITEKI) 2016年 01 月号 [雑誌]

 

 

 

 

小学館発行。20〜30代の比較的美容にお金をかけられると思われる女性がターゲット。付録に試供品が付いたりする。ドル誌並のお値段。
こんな感じのターゲットっぽい。
たまに付録目当てで買ってはいたが、連載とは…。Twitterで検索してみたが*1、期待値高い。ギリギリターゲットの年齢ではあるがこのような雑誌を定期購読するほどの美意識が私の人生の中にあったことが無い。
 
ビューティー男子グループNEWS…ってキャッチコピーつけてもいいほどだよね*2
こんな話して申し訳ないけど*3、先輩グループAのMさんやOさんのことをファンになる前もファンだった当時も降りてしまった今も肌が残念だなって思っていた。今も昔もかっこいいとは思う。でも顔にクレーターがいっぱいなの気になるよね。それが普通の男性の肌だろうし私も手遅れな跡があって他人のことは言えないけど、仕事のことを考えて若いうちになんとか出来なかったのかな。
NEWSは揃って肌が綺麗で身体の線も綺麗。若い頃はむくんだりもしていたけど今はそんなこともなく。皮膚科に通う人がいるし、全員仕事以外も身体を動かしていい汗を流している。食べ物も気を遣っている。世の中にはくだらないことで苛立って難癖つけたりする人がいるけど*4、そんなことも彼らはしない。だから内面から綺麗。とにかくスマート。とにかくイケメン。ええ彼氏やなぁ。親御さんも安心な彼氏やなぁ。
ドクロやタンクトップが女子にウケないとやっと理解した手越さんは、タンクトップを着なくなりドクロ服は卒業し私服総取っ替え期の様子。第二期手越革命という感じか(第一期手越革命はジャージ少年芋手越からアイドル手越になった時)。
そして我々ファンにも女子力を求めてくる。グッズも我々ファンが実際に使うことを想定して作ってくれる。しかもハズレグッズがめったにない。彼らはファンのことをべた褒めしてくれるけど、それは「そういうファンであってほしいしこれからもそうであってほしい」という願いを込めて言ってくれていると思う。だから彼らの想いに応えなくてはいけないと私は思っている。女子力上げなきゃね。
BBA化は避けられないしブスは変わらないけど、同級生より若く見えるようにはなりたい。今のところ白髪が無いのが唯一の救いだ。でもそのうち白髪が生えてくるだろう*5。お金の余裕は残念ながら無いけど心の余裕は持っていたい。綺麗な肌になって痩せて綺麗な服に身を包みたい。あわよくば二度目の結婚をしたい…シゲと(言うのはタダ)。
 
…って書いてみたんだけどね、実を言うと
こんな記事を書いてたのに最近じわじわと体重が増えてきています。遠征で食べ過ぎてから余計に。だって体内時計が狂ってるから!秋だから!食欲が抑えきれないから!ごはんが美味しいから!シゲが愛しいから!(←最後関係ない)普通に9時5時な仕事にすりゃよかったと思うほど食べる時間がおかしい。最低あと2年はこのまま続けるけど。去年の検診(12月)から今年の検診(10月)の間で8キロ減ったけど(そして同じメガネなのに何故か視力が上がっているけど)若干自担のほうが軽い。だから明日から痩せるね(今日からにしろよ!)。
 
 
 
 
母がミーハーだったから私もそのうちジャニーズ沼に浸かるとは思ってはいたけど、まさか母に呆れられるほどハマってコンサートに行ったり『美的』や『レタスクラブ』や『Wink up』や『小説 野性時代』を買ったり美容について考える人生になるとは思わなかったよ*6。NEWS沼恐ろしい。
 
 
 
 

*1:ネタバレ恐くない系ヲタ

*2:ちなみにaccessのボーカリスト貴水博之さんは今年に入ってからビューティー男子(そして面白いおじ…じゃなくてお兄さん)としてテレビ番組に呼ばれるようになってしまったため(ビビットでもそういう扱いであった)、相方でキーボーディストの浅倉大介さんが先々週のクラブイベントで「ビジネスビューティーボーカリスト」と呼んでいた。ファン大ウケ。

*3:あまりにも酷評が多すぎて一部で叩かれている気がしてならない。

*4:よく理不尽なことで客に怒られてるからね!でも上手くスルーして後に引かないようにはしてるよ!

*5:残念ながら股間に白い毛が生えている。手遅れ。←正直に書くなよ

*6:『Myojo』は高校生の時に買ったことがある。